英検とは|英検対策を始める時には自分の弱点を把握する必要があります
レディ

英検対策を始める時には自分の弱点を把握する必要があります

英検とは

鉛筆を持つ人

大学に入学するときや就職するときに、自分の英語力を証明できる英検は日本で最も有名な検定です。英検は実用英語技能検定の略で毎年約200万人以上が受験している最大規模の検定です。試験は年に3回実施されていて、5級から1級までレベル別で分かれています。高い級を取得すればするほど大学入試や就職で有利になる英検ですが、受験する年齢に制限はないので中学生でも2級や1級に挑戦することが可能です。英検はTOEICなどとは違い、一度検定を取得すると一生検定保持者になれます。出題される問題は日常会話のモノからビジネス文書など、受験する級によって問題が変わります。
試験に合格するには英検対策がとても重要で、筆記とリスニング力をバランスよく鍛える必要があります。中学生や高校生が英検を受ける時には学校主催の場合が多いため、授業の中で英検対策ができる時もありますが、ひとつ高いレベルの級を受験する場合には単語力が必要になります。多くの高校生が大学受験のために2級や準1級などのレベルに挑戦しますが、高校生では習わない問題や単語が出題されるので、しっかり英検対策する必要があります。最近では多くの塾で英検対策授業を行っており、比較的誰でも通うことができます。塾に通うことで自分のレベルに合わせて無理なく勉強できるだけでなく、定期的なテストを受けられるので一次試験合格までにあと何点必要かを確認できるので、英検対策がとてもしやすくなります。